×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨貯金の有利性

外貨貯金に興味をもつ方が増えています。外貨貯金とは、日本円をドルやユーロやポンドなどの外貨で貯金をすることです。いま、外貨貯金に興味を持つ方が増えているのは、日本の金利があまりにも低すぎるからです。日本で定期預金をしてもわずかな金利しかつきませんが、外貨定期預金には相当に高い金利がつくものもあります。日本の定期預金と比較すると外貨普通預金でも金利が高いものもあります。
ただし、外貨貯金にはリスクもあります。金利だけを比較すれば外貨貯金がとても魅力的な貯金ですが、為替の変動によっては外貨貯金は元本割れの可能性もあります。また外貨貯金をする時には手数料もかかってきます。このように外貨貯金のデメリットもあるので金利だけでなくて総合的に判断して、外貨貯金を利用しましょう。外貨貯金と日本円の貯金を比較するシュミレーションをしてみると良いでしょう。

外貨貯金の種類と銀行

一口に外貨貯金といってもいろいろな種類があります。日本にも定期貯金や普通貯金があるように、外貨定期貯金、外貨普通貯金、外貨貯蓄貯金、特約付外貨定期預金などがあります。外か普通預金は日本の普通預金と同じ仕組みなので、お金を自由に出し入れできます。外か普通貯金は、為替の急な変動にも対応できますから、外貨貯金の中では比較的安全性の高い外貨貯金といえるでしょう。
外貨貯金の外貨定期預金は期間指定の貯金です。外か普通預金よりも利率が良くて金利が高いのですが、原則として途中解約が出来ないので、為替の変動によっては元本割れの危険もあります。外貨貯金をはじめて行う時には、少ない金額で、外貨普通預金からはじめてみるのが良いでしょう。外貨預金を扱っている銀行にはソニー銀行、イーバンク銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、新生銀行、福岡銀行などがあります。 1日1時間のシンプルな外貨トレードでジワジワ増やす

外貨貯金の始め方

外貨貯金を始めるときには、まず銀行へ行って口座を開設しなければなりません。日本円での預金と同じく身分証明書などが必要です。外貨貯金は自由金利商品なので扱う銀行によって手数料や最低預け入れ額が違ってきます。外貨貯金を始める前にいくつかの銀行を比較して金利が良くて手数料の安いところを探すのも良いでしょう。ただし、外貨貯金にはリスクもあるので、きちんと外貨預金のことを説明してくれてフォローをしてくれる銀行を優先しましょう。
銀行によっては、扱える外貨の種類が違ってきます。ドルやユーロなどはほとんどの銀行で外貨貯金が出来ますが、中国の人民元や利率が良くて金利の高い南アフリカの南アフリカランド、オセアニアのニュージーランドドル、マレーシアリンギットなどの外貨貯金は扱っていない銀行もあります。

Copyright © 2008 外貨貯金の始め方